最近のfacebookから

2021-12-03

甑島のきびなご🌊、阿久根のタカエビ🦐、知覧のお煎茶🍵、鹿屋の雉や伝統製法ハム🍖など、鹿児島の美味しいを一堂に集めたコースをいただける 「鹿児島の食」フェア🐠 いよいよ来週12月8日水曜日まで‼︎ 日本橋コレド室町と竹ノ塚で好評開催中です(≧∀≦) 皆さまのお越しをお待ちしていまーすヽ(^o^)丿 🍱懐石料理紀仙 東京都足立区竹ノ塚5-5-10 https://www.kaiseki-kisen.com/ 🍴🍷ラ・ボンヌターブル 東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 1F https://hitosara.com/0006046063/person.html

画像クリックで動画再生
Facebookで見る

2021-11-27

いよいよ冬の到来を感じる寒さになってきましたね。 それもそのはず、気がつけば今年も残り一ヵ月と少し。 今年も新型コロナウイルスの影響下で色々辛抱の多い年となりましたが、皆様はどんな一年だったでしょうか。 これから明るい話題が続くことを願いつつ、今年も一年を締めくくるにふさわしいビッグイベントがやってきます。 そう、みんな大好きクリスマス! 家族で、夫婦で、恋人と、友達と、同僚と…(もちろん一人でも!) 皆様それぞれ、思い思いのクリスマスを過ごされると思います。 そして、クリスマスに欠かせないのは、何と言ってもクリスマスケーキ! わくわくしながら大切な人とクリスマスケーキを囲む幸せなひととき。 数種類のカットケーキから、どれを食べようか選ぶ時間も楽しいものですが、 やはりケーキの醍醐味は、ホールのケーキをみんなで分かち合って食べること!だと思います。 私の大好きなネイティブ・アメリカンの格言に、こんな言葉があります。 「分かち合うことができれば、喜びは倍に、悲しみは半分になる」 とても素敵な言葉だと思います。 だから、大切な人と分かち合って食べるケーキは、より一層美味しく感じるのかも知れませんね。 新屋敷町にある「鹿児島菓子舗 山下」さんは、多くのファンに愛され続ける、3代も続く老舗のパティスリーです。 洋生菓子だけでなく、焼き菓子から和菓子、コンフィチュール(ジャム)、さらにお隣りにはジェラートショップまで、多種多様なスイーツが揃う、とても素敵なお店です。 ひとたびお店に入れば、香ばしい焼き菓子たちの香りに包まれ、一気に心躍ります。 そんな鹿児島菓子舗 山下さんが今年も用意するクリスマスケーキは、どれも魅力的で目移りしてしまいます! 人気のケーキを始め、新作のシャルロットシリーズ2種(1種はアイスケーキ!)、伝統の焼き菓子からキッシュまで、幅広く多彩な品揃え。 ビコーズでは、今年も鹿児島菓子舗 山下さんの新作クリスマスケーキの撮影を始め、クリスマスケーキのリーフレットと看板パネルの制作をさせていただきました。 今年のクリスマスは、鹿児島菓子舗 山下さんのクリスマスケーキと共に、大切な人と幸せなひとときを”分かち合って”みてはいかがでしょうか。 ご予約の締切は12月18日(土)まで。商品によっては数量限定なのでご予約はお早めに! https://yamashita-sweets.com/ 鹿児島市新屋敷町11-1 TEL099-222-3576 定休日:毎週水曜日(12月は16日〜26日まで無休) 営業時間:9:30〜19:30

Facebookで見る

2021-11-23

新型コロナの多大な影響を受けているBAR業界ですが、お客様一人一人に送る恒例のハガキは健在です。 オーナーママの長島さんがお一人で切り盛りされ、感染対策も万全です。鹿児島市の天文館のBAR螢さんのDMを作らせていただきました。今回から俳句バージョンです。お客様のお手元には11月初旬には届いているとか。ありがとうございました。がんばりましょう🍷

Facebookで見る

2021-11-20

吉野公園にほど近い場所にある小さな雑貨屋さん、工房中森さんをご紹介します。 大工さんの手によるオリジナル木工家具、作家さんがつくるハンドメイドの革製品、布小物、服飾品など、個性的な品物が小さなお店に所狭しと並んでいます。 今回弊社でホームページを制作させていただくことになり、商品を撮影させていただきました。スマホで撮った撮影現場の様子を一部ですがご紹介します。 工房中森 鹿児島県鹿児島市吉野町6244-20 TEL. 099-245-1375 現在のホームページ https://www.kobonakamori.com/ 只今サイトリニューアルのため鋭意制作中です。

Facebookで見る

2021-11-15

鹿児島の郷土菓子、ふくれ菓子をご存知でしょうか? 小麦粉、重曹、砂糖、卵で作られる素朴な蒸し菓子です。 柔らかく砂糖の甘い香りが食欲を誘う、実家では祖母から私まで定番のおやつでした👵 さて、実家を離れ早や云年。ふくれを口にする機会も滅多になくなったある日、「まるはちふくれ菓子店」さんのふくれと出会いました。 小さい頃には想像もしなかった味のバリエーション。王道のプレーン、ここあ、けせん(シナモン)、抹茶🍃、黒砂糖、落花生🥜、生姜と7種類。きっと好きな味が見つかるはずです。 大きさも、気軽に食べられる小サイズと、三角形で横幅が手の平からはみ出すくらいの大サイズがあります。 口をいっぱいにしながら、一緒にふくれを食べた祖母の皺の寄った手をぼんやりと思い出すことも。 そのまま食べても勿論美味しいのですが、レンジで温めてからバニラアイス🍨をのせたり、軽く焼いてバターをつけて食べるのもGood。ふくれの優しい甘さとバターのしょっぱさがクセになります。 これから迎える年の瀬。忙しい最中だからこそ家族・友人とお茶を飲み🍵ながらふくれをほおばり、ほっとした時間を過ごすのも素敵でしょう。 人と人の距離が遠くなることがあっても、心ぐらいは近くに行きたい。そんな思いが似合う、まるはちさんのふくれです。 https://maruhachi-kagoshima.com/ (本サイト) https://08fukure.shop-pro.jp/ (通販はこちらから) 弊社で制作させていただきました。ありがとうございます。

Facebookで見る

2021-11-10

屋久島の路地たんかんは1月から出荷が始まります🍊 ムッチョム岳の麓にある酒瀬川果樹園さんのたんかん出荷用の可愛い〜箱を作らせて頂きました。 甘酸っぱくて、爽やか🍊一度食べたら、忘れられない美味しさのたんかん。 ホームページの動画では、屋久島のムッチョム岳🌋からのたんかん農園の景色も楽しんで頂けます❣️ ↓下記をクリックしてホームページをご覧くださいね🤗 https://sakasegawa-kajuen.jp/

#orchard

Facebookで見る

2021-11-07

11月になり、日に日に寒さが増す今日この頃。…お鍋の季節到来です✨ 美味しいお鍋&お食事を求めて天文館の「熊襲亭」さまへ。地元の方にこそ食べていただきたい郷土料理が目白押しです! 漁師さんから直接仕入れた鮮度抜群のお刺身、揚げたて食感を楽しめるさつま揚げ、黒豚のスペアリブを3時間以上じっくり煮込んだとんこつ。メインは滋味豊かな鹿児島県産六白黒豚のしゃぶしゃぶです✨ 緩急のある多彩なコース料理に会話も弾み、笑顔の溢れる食事会となりました。 祝いや慰労の気持ちを込めたお食事には、感染対策がしっかりされているお店と各個人の配慮が大切。熊襲亭さまはコース料理も一人盛で、アクリル板などの設置も万端です。温かいお料理とおもてなしに元気をいただきました! 鹿児島で会いたいのに会えない方には、オンラインショッピングがおすすめです。「手作り・できたて・ふるさとの味」というお店の志そのままに、薩摩の郷土料理をフルコースでお届けできる品揃え。御歳暮も大好評受付中です! https://www.kumasotei.com/ HPはビコーズ制作。ご覧いただけますと幸いです。 #熊襲亭 #鍋 #忘年会 #コロナ対策万全 #鹿児島県飲食店第三者認証 #薩摩 #郷土料理 #御歳暮

Facebookで見る

2021-10-30

球磨川の水害に見舞われた人吉温泉・清流山水花「あゆの里」様🍀 1階の天井まで水が押し寄せるほどの被害から、8月30日に営業再開しました。改築を施してさらにグレードアップ! ヨガ教室ができる屋上テラス 露天風呂付きのスイートルームやプレミアムルームも新設しました。 流されたグランドピアノは残念ですが、2代目のピアノを飾るのは、休館中に描いた女将のひまわりの絵です。 宿としての新たなコンセプト 「Discover HITOYOSHI」 をテーマに掲げました。 この想いを実現するために、 スタッフの一人ひとりが「人吉コンシェルジュ」として、日本一の「人吉づくし」のおもてなしを志しているそうです。 すべては訪れた「人」に、喜びと満足と幸せの「吉」を生むために。 世界中に人吉ファンをつくるための牽引役としての活躍を祈念しております。ブランドブック(パンフレット)の製作もがんばらせていただきます。https://www.ayunosato.jp/

#あゆの里 

#人吉 

#Discover HITOYOSHI

Facebookで見る

2021-10-13

ブランディングデザインに関する講義資料を作っている中で、昔撮影した一枚の写真を引用しました。宮崎県五ヶ瀬町の小笠園さん(無農薬栽培茶)の今は亡きおばあさま。当時、90歳を超えてなお、山に分け入り、屋根に登り干し柿も吊るす健脚。私が撮影した写真の中でも生涯に残る一枚になりました。「コロナ禍だからこそ、感動を与え、生きる力を喚起できる販促ツールを!それができるのが、地方のポテンシャル(潜在パワー)。都会にはない、自然や人柄に恵まれた物語。では、どうしたらよいか?現場を客観的に観察する。つまり、営みの姿こそが尊いということ。人を暮らしを愛すればこその視点。空も風も人も、暮らしそのものがカルチャーであり、ブランドです」

Facebookで見る